【中古車】フォルクスワーゲン(vw)、ビートル1303Sの燃費や評価 乗った事がある方の口コミ

メーカー:フォルクスワーゲン

車種:ビートル1303S

色:そら色

価格:中古車50万円

満足度:★★★★☆

実際に乗ったことが有る方の評価・口コミです

私は車の免許を取得した時から「いつかは乗ってみたい車」として、フォルクスワーゲンビートルがありました。

私が買った時点で、15年以上も経過していたとは思いますが、どうしても乗ってみたくて、それまで乗っていた車が車検を迎えるころに、あこがれの車「ワーゲンビートル」を買うことにしました。

 

誰もが興味は持っていても、「運転が難しそう」、「メンテナンスが大変そう」とか考えて、購入までは踏み切らないことが多いのではないかと思います。

しかし、実際に手に入れてみなくては分からないだろうと考えて、ビートルのオーナーになりました。その頃は、まだ独身でしたので、家族で使うとか、そういった制約がありませんでしたから、出来たことでもあります。

 

まず、なんといっても個性的なスタイルが好きでした。他のどの車とも似ていない個性的な車です。

普通は、運転席に乗り込むと、広さの違いはあっても、ほとんどの車が共通していますが、ワーゲンビートルは、乗り込んで運転席から前方を見ても、明らかに他の車とは違っていました。

大きく張り出したフロントフェンダーや計器類のデザイン、配置、とにかくほかの車とは違っていました。

エンジン特性やハンドリング、乗車人数など

フォルクスワーゲンビートル

エンジンは、よく整備されていて、吹け上がりも良かったです。

 

非力なエンジンですから加速感は大したことは無いのですが、「ビートルを運転している」という感じが良かった記憶があります。

ただ、ワーゲンビートルはRR(リアエンジン、リアドライブ)ですから、それまで乗っていたFFとは車の動きがずいぶんと違いましたので、ハンドリングになれるまでは、少し時間がかかりましたが、慣れてしまえば取り回しは楽でした。

 

4人乗りでした。古い車でしたから、リアシートにはヘッドレストは付いていませんでした。ウトウトするには不都合だったかも知れません。

フロントもリアもシートの作りはしっかりとしていて、まるで固めの応接セットのソファーのようでした。

 

燃費や乗り降りのしやすさ

フォルクスワーゲンビートル

 

燃費は市街地で9キロくらい、高速中心の長距離で12キロくらい走りました。思っていたよりも良い燃費だったと思います。

 

2ドアの車ですから、リアシートの乗り降りは、4ドアの車アに比べれば、多少は窮屈です。

ただ、フロントシートにレバーが付いていて、背もたれを倒した後に、元の位置に戻るようになっていましたので、その都度背もたれの角度を調整する必要はありませんでした。このレバーは便利でした。

 

この車は、他の車と同じ物差しでは測れない所によさのある車だと思います。

 

フォルクスワーゲン、ビートルの中古車はコチラ

値段の安い中古車を数多くそろえています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ